前撮り関連情報

HOME前撮りで衣装レンタルできるのか

最終更新日:2017/11/20

前撮りで衣装レンタルできるのか

外国人の新郎と新婦

結婚式で使用する前撮りの衣装は、基本的にレンタルが可能なので、自分で用意する必要がありません。前撮りを依頼する写真スタジオにて用意されている衣装の中から選べば、衣装のレンタル代は撮影費用に含まれるため、お得な料金で前撮りを済ませる事ができます。洋装のドレスが充実しているところや和装専門など、利用する業者によって取扱いの衣装は異なるので、ホームページなどを参考に気になる業者をピックアップしておきましょう。そのうえで、実際に足を運んで自分に合っている衣装があるかを確認してください。前撮りの衣装レンタルでは、新婦向けのウエディングドレス、カラードレス、白無垢、色打掛、黒引振袖に加え、新郎の男性にもタキシードや紋付袴などの衣装が用意されています。また、ファミリー撮影やマタニティ撮影が可能な業者なら、親族用の衣装や妊婦用ドレスなどの取扱いもあります。衣装に合わせた髪飾りやアクセサリーの小物アイテムも用意されていますが、ドレスや和装用の下着・肌着に関しては、レンタル不可なケースも多いので注意してください。すべてレンタルで済ませたい方は、手ぶらでも対応してくれる業者を選びましょう。前撮りの衣装にこだわりたい方は、細かなデザインから選べるドレスショップの利用もオススメです。ドレスショップでは、洋装和装だけではなく、Aラインやプリンセスラインなど、スタイル別やブランドの中から衣装を選べます。また、海外への持ち出しが可能な衣装なら、自分で購入することなく、海外ロケーションもレンタルで済ませる事ができます。衣装の購入は、費用を抑えるとなれば古い型を選ぶケースが増えますが、レンタルなら最新のトレンド衣装が楽しめます。1着ではなく、2着でのレンタルプランもあるので、洋装と和装を組み合わせたり、ウエディングドレスとカラードレスを組み合わせるなど、複数の衣装もレンタルなら安上がりです。ただし、前撮りの衣装を貸し出しているドレスショップのレンタルを利用する場合、写真スタジオ側への持ち込み料が必要なケースもあります。持ち込み料は、無料~5万円と持ち込むアイテムや利用するお店によって金額が異なります。ドレスや和装の衣装だけではなく、小物アイテムの持ち込みを考えている方は、必ず事前に相談をして料金が掛かるかを確認してください。料金が掛かる時は、見積もりを出してもらって追加の請求をされないように注意しましょう。

一覧はこちら

前撮りランキング

TOP